カテゴリー
未分類

LED照明って何が良い?LED照明を利用することのメリット

LED照明は他の照明よりも寿命が長い

白熱灯、電球型蛍光灯、LEDの3つが室内で使用されることの多い照明です。この3つの照明にはそれぞれ寿命があります。白熱灯の寿命が1000時間から2000時間程度、電球型蛍光灯の寿命は13000時間程度、LED照明の寿命は40000時間から60000時間だと考えられています。白熱灯や電球型蛍光灯よりもLED照明の方が圧倒的に寿命が長いです。例えば1日に10時間くらい照明を使った場合では、白熱灯が半年程度の寿命であるのに対してLED照明は10年以上の寿命があります。このように他の照明よりもLED照明は長持ちしやすいというのがメリットだと言えます。

コストパフォーマンスが良い

白熱灯や電球型蛍光灯はLED照明よりも販売価格が安いと言えます。そのためLED照明よりも白熱灯や電球型蛍光灯の方がお得だと考える人もいるでしょう。しかし、LED照明は白熱灯や電球型蛍光灯よりも寿命が長いという特徴を持っています。白熱灯や電球型蛍光灯は寿命が短いので、何度も買い替える必要があります。それに対してLED照明は10年以上買い替える必要がないため、長期的な目線で考えれば他の照明よりもコストパフォーマンスが良いと言えます。

LED照明を使えば電気代が安くなる

白熱灯や電球型蛍光灯よりもLED照明の方が消費電力が少ないというメリットがあります。消費電力が少なければ少ないほど電気代は安く済むため、白熱灯や電球型蛍光灯よりもLED照明を使った方が電気代が安くなるというメリットも得られます。消費電力が少ないので、長時間照明を使用する場所にLED照明を設置するのが効果的です。LED照明は熱に弱いという特徴を持っているため、熱のこもりやすい場所は避けた方が良いでしょう。

LEDライトパネルは店頭の看板として使われやすいので、屋外で利用される例が多くなります。そのため、防水に関する機能が重視されやすいです。

お知らせ